正しく知る保険見直し

保険見直しを推奨するテレビコマーシャルが絶え間なくオンエアされ続ける、そんな状況も一段落したと言えるでしょう。
それまで日常意識する事の無かった「保険」という存在が、私達の頭の片隅に確実に刻み込まれた事もまた、間違いありません。
それまでは満期時期の案内が届くまで、何の疑いも無く保険料が引き落とされて行く過程すら無意識の方々が大勢おられました。

何より一昔前の保険と言えば、保険募集人(外交員)の訪問契約が基本スタイルでした。
私達加入者側は保険会社を選択出来る事にすら意識が向いていない、そんな環境下で勧められるがまま、あるいは義理絡みの加入で「これで大丈夫」と安心していたのです。
ところが21世紀に入り、来店型でしかも複数の保険会社の商品を同時に扱う保険代理店の台頭に因り、保険市場自体が大きな変化を見せたのでした。
そして決定打となったのが「保険見直しで保険料がお得に!」的な、私達一般市民にとって聞き捨てならないインフォメーションであった事は、今更述べるまでもありません。

こうした経緯ですっかり浸透した保険見直しですが、反面このインフォメーションの効果が微妙にズレてエンドユーザーに伝わってしまった感も否めません。
保険見直しの主たる目的イコール節約、との誤認識がそれであり、元来最も大切のポイントがお留守になってしまう、そんな間違った保険見直しに満足されている方も、潜在的に少なく無いのが現状です。
ここでは今一度、保険見直しを正しく再検証して行きたいと思います。



<Special Link>
来店型の保険見直しの相談窓口を紹介しています。全国から探せます … 保険見直し 相談